姫路城マラソンを走りました!

昨日、姫路城マラソンを走りました。姫路城の平成大改修を記念して始まった市民マラソン大会で、今回で3回めの開催、私自身は昨年に引き続き2回目の参加です。姫路城を出発して夢前川を上り、また姫路城へ戻ってくるという、自然豊かなコースです。 実は駆け出しのころ、姫路の病院に1年半ほど勤めていたこともあり、私にとって姫路は思い出深い町です。昨日はスタート前に偶然、当時お世話になった先生にお会いして(その先生もランナーとして参加されていました)、旧交を温めることもできました。 レースは序盤から中盤は調子よく走れたのですが、やはり日ごろの練習不足がたたってか30㎞を過ぎたあたりから失速し、最後は両足痙攣しながら、命からがらフィニッシュしました。もちろん、目標には遠く及ばず、自己ベスト更新もできませんでした。 アテネ五輪の女子マラソン金メダリスト、野口みずきさんの名言に、「走った距離は裏切らない」というのがありますが、まさにその通りですね。忙しいとか、寒いとか、気分が乗らないとか言い訳せずに、もう少し練習量を増やさないといけないと思いました。でもしっかり、完走後の風呂、ビール、焼肉は行っちゃいました。。。

エボニーとローズウッド

変なタイトルで驚かれたかもしれません。どちらも弦楽器、とくにアコースティックギターの製造に用いられる代表的な木材です。先日、たまたま立ち寄った楽器店のインストアイベントで、ある有名なギターメーカーの方が興味深いことを話されていたので、ご紹介します。 エボニーは、アコースティックギターの指板やブリッジに使用されることの多い木材です。日本語では黒檀と言い、その名の通り黒色をしています。でも、実際にエボニーの木で黒い部分はわずか1割程度で、黒くない残りの9割は、木材としての性質は全く変わらないにもかかわらず廃棄されるそうです。要は、「見た目」だけで大半が無価値とされてしまうわけです。 アコースティックギターの製造に用いられるエボニーは、現在はほぼ100%、アフリカのカメルーン産ですが、上記のようなもったいない使い方をしているために枯渇しつつあり、カメルーン政府がそのうち禁輸措置をとるかもしれないそうです。この状況に対して最近、一部のギターメーカーは黒くないエボニーも部材として使おうという運動を始めており、ユーザーにも次第に浸透しつつあるそうです。 参考記事:絶滅危機の黒檀取引を変えたギター工房 一方のローズウッドですが、アコースティックギターのボディ部材として用いられることの多い木材です。以前から希少なブラジリアン・ローズウッド(ハカランダ)はワシントン条約で規制されていましたが、なんと今年1月からすべてのローズウッドが同条約の規制対象になったそうです。そうなると、許可がないと国境も越えれませんから、海外旅行に気軽に愛用のギターを持っていくとか、海外旅行で気に入ったギターを買って持ち

笑って健康に!

今朝の日経新聞の社会面に写真の記事が出ていました。吉本興業と近畿大学医学部がコラボして、漫才や新喜劇を見ることによる「笑い」が健康に及ぼす影響、とくに精神疾患への影響を調べようというものです。これを読んで、同様の研究が関節リウマチでもずいぶん前にされていたのを思い出しました。 東京の日本医科大学での研究なので吉本興業ではなく江戸落語でしたが、落語を聞いた(見た?)後は血中の炎症性物質であるインターロイキン-6や、痛み物質であるサブスタンスPが有意に減少していたという報告で、当時はかなり注目され、高く評価されていました。 私の経験でも、いつもニコニコしている患者様は、関節が変形していたり血液検査の結果が多少悪かったりしても、自覚症状はさほど強くおっしゃらないという印象があります。「病は気から」ではないですが、慢性的な病気とつきあっていく中で、心を朗らかに保つというのも大事なポイントだと思います。

はじめて駅伝を走りました!

3年ぐらい前からランニングにチャレンジし、フルマラソン大会などにも参加しているのですが、昨日ははじめて駅伝を走りました。お世話になっているクリニックの院長先生とスタッフのみなさんでチームを作り、神戸のポートアイランドで毎年開催されている「神戸バレンタイン・ラブラン」に参加しました。 今回はじめて駅伝を走って思ったのですが、一人で黙々と走るのもいいですが、チームみんなでタスキを繋いでいくのもすごく楽しいし、走りがいも感じて気持ちのいいものですね。ちなみに完走後はお決まりコースの、スーパー銭湯、ビール、焼肉で盛り上がりました。

オープニングスタッフ募集中です!

てんじん整形外科リウマチ科ではオープニングスタッフを募集しています。新しいクリニックをゼロから立ち上げたいという意欲のある方の応募をお待ちしています。詳細は当ホームページ「アクセス・お問合せ」のページから、メールでお問合せください。 ※募集職種・人数 正・準看護師(常勤・パート) 若干名 理学療法士(常勤) 若干名 医療事務(常勤・パート) 若干名 診療補助(常勤・パート) 若干名 ※勤務時間 午前8:45~12:45 午後2:45~6:45 (パートは応相談)

ホームページを公開しました!

てんじん整形外科リウマチ科院長の史です。開院を5月に控え、いよいよホームページを公開しました。とは言っても、まだまだ未完成なところが多くて見切り発車的な公開です。お見苦しい点も多いですが、なにとぞご容赦ください。ちなみに、本当は誕生日の4日に公開したかったのですが、ずるずると1週間以上遅れて今日になってしまいました。 実は内装工事もまだ未着工で、医療機器の選定や採用もまだ始まったばかりです。正直なところ、かなり焦ってはいますが、何とか5月の開院にこぎつけるように頑張りますので、ぜひご期待ください。

最新記事
アーカイブ
カテゴリー

© 2017 by Tenjin Orthopaedics & Rheumatology. All rights reserved.

1-13-4 Tenjinbashi, Kita-ku, Osaka 530-0041, Japan

Tel: 06-6940-0630