明日は世界骨粗鬆症デーです!

雨の日が続いています。また、ここ最近すっかり寒くなってきました。こういう時期は関節や腰、首などの痛みは強くなりがちです。保温に努めるとともに、症状が強ければ整形外科を受診して必要な検査や治療を受けましょう。また、雨が続くと運動不足になりがちですが、適度な運動はぜひ続けましょう。 ところで先日、当ブログで明日、10月20日の世界骨粗鬆症デーについて紹介しましたが、骨粗鬆症財団は明日、明後日の2日間、万博公園にある日本一の高さの観覧車、大阪ホイールをブルーにライトアップして骨粗鬆症の啓発を行うそうです。お近くの方、ご興味のある方はぜひご覧になってください。 骨粗鬆症財団はさらに、明日の世界骨粗鬆症デーに中之島の中央公会堂で、「ご存じですか?いつのまにか骨折」というイベントも開催するそうです。骨粗鬆症についての講演に加えて、骨量や体力を測定するコーナーも設けるようなので、お近くの方、ご興味のある方は参加されてみてはいかがでしょうか? (詳細:http://jpof.or.jp/pdf/chirasi/%E5%A4%A7%E9%98%AA_171020_F2.pdf) なお、上記イベントでの骨量測定は、踵の骨の量を超音波を用いて測定するという、ごく簡単な測定法のみのようです。ときにデータが不正確になる場合もありますので、詳しくお調べになりたい方はDEXA(dual-energy X-ray absorptiometry)法による腰椎と大腿骨近位部(足の付け根)の骨密度測定を行ってください(当院でも実施しています)。

骨のこと考えていますか?

今日は体育の日です。体育の日は、もともとは1964年の東京オリンピックの開会式が行われた10月10日を、「ハッピーマンデー制度」にもとづいて2000年から10月の第2月曜日と定めたものです。今日は昨日に引き続き晴天で、運動日和と言えば運動日和ですが、夏が舞い戻ってきたかのような暑さで、激しい運動をするにはちょっとこたえますね。 ところで先日、市内を歩いていて写真のような垂れ幕を見つけ、「大阪市もやるなぁ!」と感心しました。あまり知られていませんが、10月20日は「世界骨粗鬆症デー」で、世界中で骨の健康を啓発する日です。骨折をして運動機能が損なわれたり、最悪の場合寝たきりになったりするのを防ぐべく、生涯を通じて骨を強く保つことは、現代の高齢社会では大変重要なテーマです。 ただ、骨粗鬆症の検査をどこで受ければよいか分からなかったり、正確とは言えない検査法で骨粗鬆症を見落とされたり、さらには骨粗鬆症があっても歳だから仕方ないと考えてしまったりする方がいまだに多いようです。また、骨粗鬆症の治療は治療効果が目に見えにくいために、長続きしにくいことも残念ながら事実です。 当院では、ガイドラインで診断に最も有用とされているDEXA(dual-energy X-ray absorptiometry)法による骨密度測定を毎日実施しており、骨粗鬆症の正確な診断が可能です。さらに必要に応じて骨代謝マーカー等を測定し、患者様お一人お一人に最適な骨粗鬆症治療を提案いたします。ちょっと宣伝じみて恐縮ですが、骨の健康が気になる方はぜひ当院までご相談ください。 ちなみに日本整形外科学会も独自に、昨日10月8日

最新記事
アーカイブ
カテゴリー

© 2017 by Tenjin Orthopaedics & Rheumatology. All rights reserved.

1-13-4 Tenjinbashi, Kita-ku, Osaka 530-0041, Japan

Tel: 06-6940-0630