冬季五輪!

 新型コロナパンデミックやウクライナ危機という、およそ「平和の祭典」にふさわしくない環境下で開幕した北京冬季五輪も、いよいよ今日と明日を残すのみとなりました。われらが日本チームは、スピードスケートで大活躍した高木美帆選手をはじめ多くのメダルを獲得し、コロナ禍で他に楽しみがないことも幸いして(?)、テレビ観戦に夢中という人も多いと思います。そういう意味では、今回の大会にはこれまでの冬季五輪以上に注目が集まっているように思います。


 ところで先日の日経新聞によると、このまま地球温暖化が進めば世界中で雪が減り、将来は主要都市では札幌でしか冬季五輪を開催できなくなるそうです。そして、その札幌は2030年の冬季五輪招致を目指しています。札幌は今からさかのぼること50年前の1972年に冬季五輪を開催しました。私はまだ幼児だったので直接の記憶はもちろんありませんが、スキージャンプの「日の丸飛行隊」や妖精と言われたフィギュアスケートのジャネット・リンが活躍したそうです。


 また、当時はまだオリンピックではアマチュアリズムが重視されて、今のような広告だらけの商業主義ではなかったと聞きます。おそらくですが、選手も今ほど勝負にこだわらず、今回の北京冬季五輪で疑惑が取りざたされているドーピングも、(旧ソ連など共産圏を除いて)ほとんどなかったのではないでしょうか? ちなみに今回、疑惑の渦中にいる選手本人はまだ15歳、本人を責めるのはさすがに酷ですし、見ていてつらいです。疑惑が本当なら、本人よりも関係者を厳重に処罰してほしいですね。


 札幌冬季五輪の話に戻すと、1972年大会のテーマソングとなった「虹と雪のバラード」を作詞したのは、札幌医大整形外科初代教授の河邨文一郎氏で、五輪開催にむけて変わりゆく札幌の街や人々の高揚した気分を幻想的に描いています。私個人としては、亡くなった父が北海道大学出身で学生時代の6年間を札幌で過ごしたせいか、この歌を好んでよく口ずさんでいたのを思い出します。2030年の五輪招致が実現すればいったいどんな大会になり、どのような歌が歌われるのでしょうか? 今から大変楽しみです。



最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square